インプラントをする前には体験談で情報収集

歯科医療において、インプラント治療というのはちょっと独特の分野ということになるとかんがえてよいでしょう。
虫歯や歯周病の治療が、自分が本来持っている歯や歯の根っこに当たる歯根、さらには神経といった部分を総合して考えながら治療するのに対し、インプラントの場合は健康な状態の歯でも削ってしまい、新たに作りかえる作業になる場合もあるからです。
転んで前歯を折ってしまった、といった場合には、一部だけの欠損なので、その部分だけインプラントをするというのは有効な治療方法ではあると思います。
人工歯根を立てるための歯の根っこはしっかりしている場合がほとんどですし、そうなると治療の結果、しっかりとした歯が出来上がることは間違いありません。
私の場合、奥歯にずっと違和感を感じていて、なんとかその場しのぎで対処してきました。
自分で自分の奥歯が悪くなっているな、という自覚はあったのですが、なかなか治療に行く時間が取れなかったのです。
けれど、さすがにもう行かないと行けないという時になって行ってみると、もはや抜くしかないといわれました。
抜くことは仕方がないといはいえ、さすがにまだ入れ歯は恥ずかしい年代ですので、何とか他の方法をと思ったところ、インプラントを思いつきました。
勤め先の歯科医院では簡単なインプラント処置を行っていますが、私の場合、その簡単な処置に該当する状態であったことから、勤務先の経営者である院長先生にお願いし、処置してもらうことにしました。
これが何本もだめだとなったら、とても簡易なものでは対応できなかったのは間違いありませんし、勤め先が歯科医院だったからこそ、自分自身にも多少の知識があったことが幸いしたと思います。
まず最初に、これは簡易な方法でいけるのではないか、と思わなければ、知識がないままだと専門クリニックに行ったと思うからです。
入れ歯が嫌だと思うあまりに選択した方法ですが、今では自分の歯でないことなど意識しないくらい、自然におさまっています。

Comments are closed.