今後更に選ばれていくことになりそうな治療法。

食事をすることは楽しみであると思っている人も多くいることと思います。
人間の三大欲求である食欲は生きがいであるとも言え、その食事の時間は大切なものです。
その食事に必要なものとして、食べ物を噛み砕く健康な歯が無ければならないことでしょう。
入れ歯は自分の歯の代わりとなりますが、食べ物を美味しいと感じることは激減されるようで、高齢になったとしても自分の歯を現存させることが生きがいをなくさない努力とも言えるのではないでしょうか。
いつまでも自分らしくあるために歯を残していかなくてはいけない事は分かりましたが、健康な歯を保つことは意外と難しいことです。
歯磨きをしていても虫歯になる事はあることでしょうし、ひょんなことから歯が折れてしまったというケースがあると思います。
私も事故で歯が折れてしまい差し歯にしていたのですが、自分の歯との違和感がありその場所だけ目立つような気がして、人前で口を大きく開けることができなかったのです。
しかしインプラントの存在を知り、治療にかかる費用が全額自己負担という点で少し悩みましたが、思い切って治療をすることに決めました。
インプラントをする為手術をすることになり少し恐怖心がありましたが、先生の腕が良かったのかいつの間にか手術は終わっていて驚きましたし、今は定期健診で歯の掃除をしてもらっています。
歯の見た目が変わり印象が良くなったので、この綺麗な状態を維持したいと思っているので自分でも歯磨きを念入りにするようになりました。
これからも美しい歯を保っていきたいと思っています。

Comments are closed.