長い目で見ると、インプラントで歯を再生した方が良い

「インプラント」はここ数年で利用者も増えてきており、歯の再生療法として有名です。
手術が必要ということもあって多少のリスクもあるのですが、1番の人気の理由はそれまでの歯の感覚と非常に似たものに仕上がるということです。
例えば、よくインプラントとよく比較されるのは入れ歯です。
入れ歯の場合は歯の役割は確かに果たしてくれますが、グラグラ動いたりするケースもあり、やや不安定な点が利用者でも不満を持っている方がとても多いようなのです。
そういう意味では、以前と同じような歯の役割まではできていないということでしょう。
一方、インプラントの場合はまず骨の中に人工歯根と呼ばれる葉を支える土台を入れており、その上に実際に歯をかぶせるため、以前の歯と同様に非常に安定したものになります。
お陰で硬いものなどを噛んでもグラつくこともほぼありません。
こういった機能性はやはり入れ歯では実現できないでしょう。
また、インプラントは見た目が良いということも人気の理由です。
これは入れ歯やブリッジなどと比較しても、より元の歯に近い見た目をしています。
歯は他人の目に触れることもあるため、見た目については気になる方も多いでしょう。
歯の見た目に自信がないと、人のお話しているときでも笑うことができなかったり、非常にストレスを感じることもあるため、見た目はとても大切だと思います。
以前の歯と同様に見えれば、自然な会話もできるはずです。
このような理由からインプラントは非常に多くの人たちに利用されています。
確かにお金もかかってしまいますし、手術をすることになって非常に恐いものではありますが、トータルで考えると、おそらく他に勝る歯の治療方法は今のところはないのかな?と思います。
歯は生きている間ずっと、しかも毎日使うものです。
したがって、長い目で見たときに何が1番自分にとってベストか?ということを考えて、歯の再生治療の方法を是非選んでみてください。

Comments are closed.