インプラントがなぜ人気なのか

歯科医院の看板にインプラントって書いてあることが多くなりました。
でも、どんな治療法なのかを知らない人も多いでしょう。
とても人気のある治療法なのですが、なぜ、人気があると思いますか。
歯が抜けたときに、歯を補うために行う治療法なのですが、ほかの治療法と比べてみても、とても優れていると思います。
どういう点が優れているのかがわかれば、歯が抜けたときにインプラントにする人が多い理由がわかるでしょう。
第一に、とても安定感があるということが言えます。
歯を補うとなると、固定しなくてはならないのですが、通常は、金具だのばねだのを使うことを思い浮かべるでしょう。
ブリッジの場合は、ほかの健康な歯を削ってしまいます。
インプラントの場合は、健康な歯を削ったりはしません。
人工歯根を歯茎に埋め込んで歯を固定するんです。
歯茎に人工歯根を埋め込むために手術が必要にはなりますが、そのおかげで安定感が抜群になるんです。
補った歯とはいえ、とても安定していますから、食事で困ることがほとんどないといってもいいでしょう。
どんなものでも思いっきり食べることができるというのは、とても大事なことではないでしょうか。
食事でストレスを抱えてしまうこともないというわけです。
ほかにも優れている点はあります。
歯が抜けたことをほかの人に知られたくないって思いませんか。
インプラントであれば、人工歯根を埋め込んで歯を固定していますから、金具などもありません。
ということは、どこの歯が抜けてしまったのかは、周りの人は分からないというわけなんです。
前歯が抜けてしまったということであれば、とても目立ってしまいますから、目立たない方法で補いたいって思うでしょう。
そういう時にピッタリな治療法といえます。
なぜ、最近、よく耳にするようになったのかがわかってきたのではないでしょうか。
この2つの要因がとても大きいでしょう。
歯が抜けてしまっても、インプラントなら恥ずかしくありません。

Comments are closed.